【洗いやすさ重視】おすすめ超軽量水筒と100均ボトル用ブラシ

2024年2月19日100均,買ってよかった,キッチングッズ,アウトドア,ミエリ

無印とモンベルの水筒を並べた様子

こんにちは。チープ・シック・リビングのミエリです。

夫のハシカンは内装職人で、毎日リュックを背負って電車通勤しています。リュックの中には工具や材料がぎっちり詰まっていて、なんと重量15kgになることも!今回は、体の負担を減らすべく荷物の軽量化を追求してきた我が家のおすすめ水筒をご紹介させていただきます。

おすすめの超軽量水筒

水筒はサーモス、OXO、ダイソーなどいろいろなものを試してきましたが、それぞれ難点がありました。

  • サーモス(266g):パーツが複雑な形状をしており、洗いにくい。
  • OXO(197g):700mlと容量多めのため、かさばる。スクリュー部分のかみ合わせが悪いのか、たまに水漏れする。
  • ダイソー(67g):フタ裏に凹凸があり、洗いづらい。
歴代の水筒(サーモス、OXO、ダイソー)
左からサーモス、OXO、ダイソー

そして今は無印良品の「自分で詰める水のボトル」とmont-bellの「アルパイン サーモボトル 0.5L」の2つに落ち着きました。1年のうちのほとんどは常温の浄水を入れた無印のボトル、真冬のみ熱々のルイボスティーを入れたモンベルのボトルを持って行くという使い方をしています。

無印良品

無印「自分で詰める水のボトル」表面無印「自分で詰める水のボトル」裏面

 「自分で詰める水のボトル」
https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550182930801

  • 価格:税込190円
  • 容量:330ml
  • 重量:54g

安価なのにとても丈夫で、少なくとも1年は問題なく使えています。細かいパーツがないため、紛失の心配がなく、洗う手間も最小限で済むところが気に入っています。

mont-bell 

モンベル「サーモボトル」

「アルパイン サーモボトル 0.5L」
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124617

  • 品番:1124617
  • 価格:税込3,850円
  • 容量:500ml
  • 重量:265g
created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥6,880(2024/05/23 21:48:18時点 Amazon調べ-詳細)

公式サイトか店舗での購入がおすすめです。やや値は張りますが、魔法瓶タイプとしてはパーツ数が少なく、形状もシンプルで洗いやすいです。

モンベル「サーモボトル」箱と実物を並べたところ
箱の画像はカバー付き

滑り止めのカバーが蓋用と底用の2つ付いていましたが、さらなる軽量化のために取り外して使用しています(カバーあり:265g→カバーなし:237.5g)。保温性能も申し分なしで、冬場の外現場では欠かせないそうです。

 

水筒を洗うのがおっくうでした

地味に手間のかかる水筒洗い。まず中に手は入らないので、専用のスポンジもしくはブラシが必要になります。私の場合、つい最近までセリアのスポンジトングと普通の食器洗い用スポンジを組み合わせていました。

セリアのスポンジトング

スポンジが交換できるところに魅力を感じていた一方、金属部分が水筒にカチャカチャ当たるのがプチストレスでした。またスポンジの泡切れが悪くすすぎに時間がかかったり、水気がとれなくてなかなか吊るせないなんてことも。

 

最高のブラシ発見

そんな中、ダイソーでたまたま見つけて購入したのがこちら。

ダイソーのボトルブラシミニ

「ボトルブラシミニ」税込110円

全長26.5cmとコンパクトで、柄に穴が開いているので引っ掛けることができます。

ボトルブラシミニを引っ掛けたところ

無印のボトルは入口が狭いですが、ぴったりフィット。

ボトルブラシを無印のボトルに入れたところ

モンベルの魔法瓶は高さがありますが、きちんと底まで届きます。先端が少し曲がる仕様になっていますが、そこのメリットはよくわかりませんでした。泡切れ・水切れは控えめに言って最高!3回ほど振るだけで水気がとれて、すぐ吊るすことができました。また洗う際に柄が水筒の入口に当たりますが、樹脂製なので金属のようにキズをつけるような感じはなく、それほど気になりません。感覚的に、水筒を洗う手間が25%ぐらいは軽減された感じがします。

 

まとめ

無印良品の「自分で詰める水のボトル」、mont-bellの「アルパイン サーモボトル 0.5L」、ダイソーの「ボトルブラシミニ」。3つのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。モンベルのサーモボトルは夫の仕事メインで使用していますが、アウトドアや登山などにもピッタリなので、これからの季節に活躍すること間違いなしです。またペットボトル飲料だと出先で飲み切れなかったりゴミになったりするので、ちょっとした外出には無印のボトルが重宝します。水筒洗いの手間だけが課題でしたが、それもダイソーのボトルブラシミニで解決できたので併せてご紹介しました。

 

ではまた別の記事で。